I Peaceの目指す未来

MiPSC(マイピース)を作製することにより、
ご自身の将来への備えや自分に合った薬のスクリーニングなどに加え、
以下のようなことに貢献することができます。※1

  • 新しい治療法・薬の開発を促進する
  • 病気のメカニズムの研究を促進する
  • これらの研究開発を通じ、世界中の多くの患者さんを救うことにつながる

※1 研究開発へのiPS細胞提供は、ご本人の同意がある場合に限り行います。

患者さんと研究機関を繋ぎ、
研究を飛躍的に進展させるプラットフォームを構築する

iPS細胞製造サービスを個人と研究機関に対して同時に行う事で、個人・研究機関・医療が一体となったプラットフォームを構築し、まだ治療法が確立されていない疾患の新しい治療法・新薬の開発がスムーズに行われる世界を作る、それがI Peaceの目指す未来です。

例えば、製薬企業や研究機関は様々な疾患の研究を行い、新しい治療法や新薬の開発を進めようとしていますが、一人の患者さんから採取できる細胞サンプルの量は限られている上、研究用に細胞を提供してくれる患者さんと繋がることも困難なため、常に研究材料が不足し、研究開発を進めることが難しいという現状があります。I Peaceにお問い合わせ頂く個人の方々の多くは、自分のiPS細胞を研究機関に提供することで少しでも研究が前進することを切に願っておられますが、研究機関などとの接点がなく実際に提供することは極めて難しいのが現状です。このような患者さんの善意と研究機関のニーズを、I Peaceのプラットフォームを活用して橋渡ししていきたいと考えております。
iPS細胞は無限に増殖することが可能なので、患者さんのiPS細胞を大量に増殖させて患部の細胞に分化させれば、研究に必要な細胞をいくらでも手に入れることが出来る為、研究を飛躍的に進展させることができます。
自家移植医療の実現という観点からも同様に、安価に医療用iPS細胞を作製し、それを製薬会社や研究機関に提供する、あるいは一緒に開発に取り組むことでさまざまな疾病の移植医療の実現が加速されることになります。これら疾病に悩む患者さんが移植医療を受けられる日が一日も早く来るように貢献して参ります。
※1 研究開発へのiPS細胞提供は、ご本人の同意がある場合に限り行います。

担当者よりご連絡させていただきます。